肥銀ビジネスインターネットバンキングサービス

音声読み上げ

セキュリティ対策

当行のセキュリティ対策

1. 128bitSSLの使用

お客さまに安心してご利用いただくため、お客さまの情報の送受信には、現在セキュリティ度の高い暗号化技術の一つと言われている128bitSSL※を使用しています。

※SSL(Secure Socket Layer)とは、入力・送信データの暗号化を行い、情報盗聴・データの偽造や改ざん、第三者の不正使用などを防止する通信方式です。

2. 複数のID、暗証番号の使用

当行では、複数のIDと暗証番号によって利用される方ご本人の確認(認証)を行います。
具体的には、以下のIDと暗証番号を取引ごとに使用します。

  • (1)管理者⇒契約法人ID、ワンタイムパスワード、契約法人暗証番号、契約法人確認暗証番号
  • (2)利用者⇒契約法人ID、利用者ID、利用者暗証番号、利用者確認暗証番号、ワンタイムパスワード
3. 電子証明書

ご希望のお客さまは、電子証明書によるログオン方法(電子証明書方式)をご利用いただけます。
電子証明書方式は、当行が発行する「電子証明書」をお取引に使用するパソコンに設定(インストール)することで、お取引に利用できるパソコンを限定するものです。
パソコンが限定されることで、第三者による不正使用の防止など、セキュリティの強化が図れますので、ぜひご利用ください。

4. EV SSL

「EV SSL証明書」を導入しています。
InternetExplorer7以降のブラウザでは「ブラウザのアドレスバーが緑色」になっていることを確認することで、正当なサイトであることを確認できます。

※EV SSL証明書は、日本ベリサイン株式会社が提供しています。

当行の正当なサイトである場合

アドレスバー(正当なサイト)見本イメージ
5. ソフトウェアキーボード

パスワード等の入力をパソコンのキーボードではなく、画面上に表示されるボタンで入力する機能(ソフトウェアキーボード)を導入しています。キーボードへの入力情報を盗むスパイウェア対策に有効です。

6. セキュリティ対策ソフトの提供

不正にポップアップ画面を表示させてパスワードを盗み取ろうとする犯罪「MITB(マン・イン・ザ・ブラウザ)攻撃」の検知等に効果のある「PhishWallプレミアム」を導入しています。
無料でインストールできますので、安全対策として、ぜひご利用ください。

フィッシング詐欺にあわない為にPhishWallプレミアム 無料です。今すぐインストール!
インストールがお済でないお客さまはアイコンをClick!

無料でインストールできますので、安全対策としてぜひご利用ください。
市販のセキュリティ対策ソフトとの併用で、フィッシング・不正送金を撃退しましょう。

7. 暗証番号の保有方法

当行は、お客さまの暗証番号等の各種情報については暗号化して電子的に保有し、情報漏洩を防止しています。

8. 不正使用の防止

当行は不正使用防止の観点から、暗証番号または確認暗証番号等が当行所定の許容回数以上誤って入力された場合、本サービスのお取扱いを中止します。
なお、再度ご利用いただくためには、当行所定のお手続きが必要になり、お手続きが完了するまでは本サービスをご利用になれませんのでご注意ください。

9. 取引結果の通知

当行は、オンラインサービスの資金移動およびデータ伝送サービスの総合振込・給与賞与振込・口座振替をご利用した際、事前に当行に登録いただいた管理者の電子メールアドレス宛に取引結果の通知をします。
また、管理者は、本サービスの照会機能で当行所定の期間、取引結果の照会ができます。

10. 利用履歴の表示

ログオン後の画面で直近3回の利用履歴を表示します。

お客さまに実施していただくセキュリティ対策

1. 取引履歴の確認

利用者は、定期的に取引履歴照会を行い、身に憶えのない取引等がないか確認してください。

2. 各種ソフトウェアの最新性確保等
  • (1)基本ソフト(OS)やブラウザ等、使用するパソコンにインストールされている各種ソフトウェアは最新の状態に更新してください。
  • (2)使用するパソコンにインストールされている各種ソフトウェアで、メーカーのサポート期限が経過したものは使用を中止してください。
3. セキュリティ対策ソフトの導入

使用するパソコンにセキュリティ対策ソフトを導入し、最新の状態に更新してください。「PhishWallプレミアム」は当行ホームページから無料でインストールできますので、ぜひご利用ください。

※「PhishWallプレミアム」は、フィッシング対策と不正送金対策に特化したセキュリティ対策ソフトですので、ご利用に際しては、必ず市販のセキュリティ対策ソフトを併用し、インターネットのご利用に必要な安全対策を実施してください。

4. 暗証番号等の管理
  • (1)管理者は契約法人暗証番号、契約法人確認暗証番号、利用者ワンタイムパスワードを、利用者は利用者暗証番号と利用者確認暗証番号をパソコンから変更することができますので、定期的に変更してください。
    ※暗証番号と確認暗証番号は別々の番号を設定してください。
  • (2)設定する各種暗証番号は、電話番号など他人から類推されるものは避けてください。
  • (3)管理者および利用者は、各種ID、各種暗証番号および「ご契約者カード」を厳重に管理し、他人に知られないよう十分注意してください。
5. その他のセキュリティ対策
  • (1)インターネットバンキングを利用するパソコンは、契約者ご本人が管理するパソコンを利用してください。
    ※管理者と利用者とでは、異なるパソコンを利用されることをお勧めします。
    ※利用するパソコンを限定する「電子証明書方式」のご利用をお勧めします。
  • (2)ログオン後、パソコンから離れる際は、必ずログオフしてください。
  • (3)インターネットバンキングを利用するパソコンでは、できるだけ他のインターネットサイトを閲覧しないようにしてください。

お問合せ

肥銀ビジネスインターネットバンキングに関するお問合せ

肥銀ビジネスインターネットバンキングヘルプデスク

フリーダイヤル
0120-1589-87

受付時間/【平日】8:45~17:00(銀行休業日は除きます)