積立投資(定時定額購入)のススメ

音声読み上げ
つみたてNISAスタートキャンペーン
積立投資は毎月無理のない金額からの投資で始めやすく、続けやすいため初心者の方にもおすすめです。肥後銀行と一緒に資産形成の最初の一歩を踏み出しましょう!
積立投資クイズにチャレンジ!

積立投資とは?

積立投資とは、毎月など一定期間ごとに、あらかじめ決められた金額で継続的に同じ金融商品を購入する投資の方法です。
購入単価を平準化することで、リスクを軽減する効果が期待できます。

こんな方にオススメ 勤めているから、資産形成について考えたり、金融機関に注文を出す時間的余裕のない方 投資信託に興味はあるけれど、いくらくらいのお金を投資すればよいかお悩みの方 マイホーム購入、お子様の教育など、将来の出費にムリなく備えておきたい方

積立投資のメリット

メリット01

少額(5千円)から無理なくコツコツはじめられる

たとえば肥後銀行の投資信託なら、月々5千円からはじめられます。毎月一定金額(5千円以上千円単位)で投資信託を購入できるので、無理なく資産形成ができます。

まとまった資金がなくても、年間6万円(月々5千円)からコツコツ運用できます!
メリット02

時間分散の効果

例えば・・・
みかんを3,000円分買う場合、1,000円ずつ3回に分けて買う場合と、1回でまとめて買う場合を下の図で比べてみましょう。

買うタイミングを分散させることで、みかんの数を多く購入でき、平均購入価格も下がりました!
メリット03

投資タイミングに悩まされない

毎月一定額、決まったタイミングで購入するので、投資するタイミングに悩まされることがありません。

定時定額商品はこちら
情報提供:時事通信社

※お取扱いするファンドは、肥後銀行で販売する投資信託のうち、一部に限定されます。

積立投資クイズ

下記のような値動きの金融商品に、それぞれ毎月1万円ずつ10年間積み立てた場合、投資総額は120万円になります。Q1、Q2の10年後の評価額はいくらになるでしょうか?

毎月1万円 × 10年=投資総額120万円→評価額?
Q1 3つの中から選んでね! ①72万円 ②90万円 ③139万円
Q2 3つの中から選んでね! ①121万円 ②172万円 ③241万円
積立投資クイズの答え Q1の答え ③139万円 Q2の答え ③241万円
基準価額が上がっていないのにどうして増えるんだろう?
リスク軽減が期待できる「ドルコスト平均法」だからです!非課税制度である「NISA」や「つみたてNISA」の活用も検討しましょう!
ドル・コスト平均法 NISA つみたてNISA
ドル・コスト平均法とは?
投資信託や株式の価格変動リスクを軽減するため、一度にまとめて購入するのではなく、例えば毎月一定額というように、定期的に定額を買付ける投資方法です。
定期的に一定の金額を購入すると、価格が高いときには少なく、安いときには多く買うことになり、平均購入価格を低く抑えることが期待できます。

お問合せ

店舗でのお問合せ