会社情報

健康経営宣言

1.健康経営宣言

肥後銀行グループは、役職員およびその家族の「こころと体の健康」が、企業理念に掲げる「創造性に富み、自由闊達で人間尊重の企業文化の確立」に重要であると考え、肥後銀行グループと肥後銀行健康保険組合が一体となり、「こころと体の健康」の保持・増進に向けた取り組みを積極的に行ってまいります。

2019年1月4日
株式会社 肥後銀行
代表取締役頭取 笠原 慶久

2.健康経営の目的および主な取り組み

(1)目的

役職員およびその家族のこころと体の健康保持・増進

(2)主な取り組み

肥後銀行グループと肥後銀行健康保険組合が一体となり、以下の施策に取り組んでまいります。

①こころの健康管理
  • メンタルヘルスセミナーの定期的な開催
  • 人事部、健康管理室、健康保険組合、産業医、提携医療機関等ラインケアの充実
  • ストレスチェック結果に基づく職場改善活動の実施
  • 復職・両立支援に向けた取り組み(短時間勤務・休暇制度の充実、リワークプログラム実施)
②からだの健康管理
  • 要精密検査受診率および被扶養者特定健診率の向上
  • 禁煙促進(禁煙支援策(禁煙外来斡旋など)の充実)
  • 運動習慣定着に向けた取り組み(ウォーキングコンペ実施、女子駅伝部・行友会・ジムの活用)
  • 働き方改革・ワークライフバランス促進(テレワーク推進、インターバル・時差勤務導入、休暇取得促進)
  • コロナ禍でのコミュニケーションツール・画像コンテンツ(YouTube等)による健康情報発信

3.推進体制

頭取が「健康経営責任者」として健康経営を統括するとともに、人事部・産業医・衛生管理者等をメンバーとした「衛生委員会」が各種施策の企画・運営・検証等を実施し、肥後銀行健康保険組合等と連携して、様々な取り組みを推進しております。

推進体制

推進体制

4.「健康経営優良法人2020(ホワイト500)」認定

当行は、2020年3月に経済産業省および日本健康会議が実施する「健康経営優良法人認定制度」において、昨年度に引き続き「健康経営優良法人2020(大規模法人部門(ホワイト500))」に認定されました。
「健康経営優良法人認定制度」とは、役職員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組む「健康経営」について、優良な取り組みを実施している法人を顕彰する制度です。
当行は、今後も企業理念に掲げる「創造性に富み、自由闊達で人間尊重の企業文化の確立」のため、役職員およびその家族の「こころと体の健康」の保持・増進に向けた取り組みを積極的に行ってまいります。

健康経営優良法人