環境保全活動

音声読み上げ

企業活動

当行自身の企業活動によって生じる環境負荷を軽減

当行では、早帰りの促進や空調設備の更新により、エネルギー使用量の削減に取り組んでおります。
また「エネルギーの使用の合理化に関する法律(改正省エネ法)」に基づき、毎年下記の通り報告しております。
※取組目標…5年間で▲5%

項目 2017年度実績 2016年度実績
1㎡あたりのエネルギー使用量 0.02690kl/㎡ 0.02795kl/㎡
原油換算
(当行全体)
3,604kl
(前年比▲3.1%)
3,719kl
温室効果ガス算定排出量
(当行全体)
6,858t-CO2
(前年比▲11.1%)
7,715t-CO2

環境と人に優しい店づくり

店舗設計に関しては、町並みと調和する外観を心がけるとともに、下記の設備等を導入して環境面やバリアフリーにも配慮した店づくりを目指しています。

  • 店舗入り口のスロープの設置
  • 多目的トイレの設置
  • 雨天時の傘の貸出しサービス実施

また新築店舗においては、

  • 雨水地下浸透式駐車場
  • 太陽光発電装置の設置
  • お客さまが利用されるスペースへのLED照明の導入

など環境に配慮した店舗設計を積極的に行っております。

雨水浸透式駐車場 水がしみ込んでいきます 通常のアスファルトは水はしみ込まず流れてしまいます
太陽光発電装置(託麻支店)
雨天時の傘の貸出しサービス

雨天時の傘の貸出しサービス

本店ビル

本店ビル

2015年に完成した本店ビルでは、太陽光発電装置やLED照明以外にも、使用する水の約6割(雑用水)を雨水で賄う設備や、地中熱を空調に利用する設備を採用しています。

ダブルスキン構造(断熱・遮熱効果)
ダブルスキン

ダブルスキン

建物東西の外壁窓には「ダブルスキン構造」を採用し、断熱・遮熱効果により空調負担を軽減しています。
ダブルスキンの間には、センサーにより開閉角度を自動制御する太陽光追尾型のブラインドを設置し、さらに熱負荷を抑えています。

オオイタビノックス植栽(大気汚染浄化)
テラスに植えられたオオイタビノックス

テラスに植えられたオオイタビノックス

建物北側のテラスには大気汚染の浄化を目的に、窒素化合物の吸収能力が高いオオイタビノックスを植栽しています。

クールビズ

クールビスポスター

地球温暖化防止に係る社会的責任(CSR)の実践を目的として、夏季のビジネス軽装と冷房の温度管理を実施しております。

銀行業務を通じてお客様の環境配慮行動のお手伝いをします。

環境に配慮した審査制度

融資審査の際に、環境保全に関する設備投資やISO取得など企業の環境問題への取り組み実績も評価項目に加えております。また、森林を保有する企業・個人の融資審査では、森林のもつCO2吸収機能や水を貯蔵・浄化する機能などを評価する仕組みを導入いたしました。
担保の評価項目に「土壌汚染」の項目を組み入れ、汚染が発見された場合の担保評価基準を作成し、マイナス評価として反映させています。

環境対策支援商品

環境対策をお手伝いする商品として当行では、「クリーンくまもとビジネスローン」(事業者向け)、ハイブリッドカー購入をお手伝いする「肥後銀行マイカーローン・エコプラン」、オール電化住宅を対象とした住宅ローン金利を優遇する「ひご優育プラン」等をご用意し、多くのお客さまにご利用いただいています。

  • 九州フィナンシャルグループ
  • 鹿児島銀行
  • 九州FG証券株式会社
  • 肥後の里山ギャラリー
  • グループ会社
  • 公益財団法人 肥後の水とみどりの愛護基金
  • 公益財団法人 地方経済総合研究所
  • ホームページでできること
  • ご意見・ご要望
  • 熊本県内各地の情報
  • 震災復興支援サイト「かせするもん。」
  • 熊本発 熊本再発見メディア おるとくまもと

当サイトでお客さまの個人情報を取扱うページではベリサイン社によって認証されるSSL通信を利用しております。

このマークについて