• 口座をひらく
  • ためる・ふやす
  • かりる
  • そなえる・のこす
  • 便利につかう
ログオン

メニュー

とじる

住宅ローン
商品ラインナップ

団体信用保険
商品ラインナップ

住宅ローンの基礎知識

住宅ローンの利用にあたっては、将来のライフプランと住宅資金計画を考えることが大事です。

住宅ローンの
他金融機関からの借換え

こんな方はお借換えの検討をオススメします。

主人に万が一の事が起きた事を考えると、その後も支払いについて不安を感じるな…。月々の返済額、少しでも減らせないかな…。今の住宅ローンの金利、高いかも…。

住宅ローンのお借換えで
返済額にメリットのある方

  • お借入残高が
    1,000万円以上ある方

  • ご返済期間が
    10年以上残っている方

  • 現在のお借入利率と
    お借換え後の利率の差が
    1.0%以上ある方

お借換えで
どれくらいメリットがあるか
ご存知ですか?

当初の借入金額:3,000万円、当初の借入期間:30年間で開始。住宅ローンの返済10年経過→現在の借入金額:2,291万円、残存期間:20年間の場合。お借換えをすると!?

返済額は?

月々の返済額の違い

ご返済総額の違い

返済期間は?

返済額を変えなかった場合、こんなに期間が縮まります。

返済期間

団体信用生命保険は?

  • 「死亡・高度障害」だけでなく、「がん」をはじめとする全ての病気・ケガをしても困らない、団体信用生命保険に加入できる。
  • 病気やケガで「就業不能」となっても困らない「債務返済支援保険」に加入できる。

借換えでどのくらいおトクになる?簡単な入力でシミュレーションできます。

お手続きの流れ

住宅ローンを借りるとき、どのような手順を踏めばよいのか分からないという人も少なくないでしょう。ここでは住宅ローンを借りるための段取りを見ていくことにします。

よくあるご質問

Q

肥後銀行の口座を持っていなくても、申込みできますか?

A

お申込みいただけますが、ご融資日までに口座を作成いただく必要がございます。

Q

本県外でも住宅ローンを利用できますか?

A

当行が営業展開しているエリアで住宅ローンのご利用が可能ですが、地域によっては、一部対象外の地域を含む場合もございますのでお気軽にご相談ください。

Q

住宅ローン申込みの手続きのしかたを教えてください。

A

ローンの事前審査をお申込みをいただくこともできます。正式申込後は、ローンのご契約と抵当権設定を行い、お借入れとなります。

Q

借入時にかかる諸費用は何にいくら必要ですか?

A

主に以下のような費用がかかります。

  • ①ローン契約(金銭消費賃貸契約証書)に貼付する印紙税
  • ②事務取扱手数料
  • ③保証会社保証料
  • ④抵当権設定登記に伴う費用
  • ⑤火災保険料

詳細は諸費用についてをご参照下さい。

Q

ボーナス併用払いはできますか?

A

はい、ボーナス月に増額返済をすることもできます。ご返済方法は以下の①②いずれかからお選びいただけます。

  • ①毎月ご指定いただいた日に均等額をご返済
  • ②毎月のご返済に加え、6ヵ月毎のボーナス月に増額してご返済
Q

借入金利はどの時点の金利が適用されますか?

A

固定金利をご選択の場合、お申込み時の金利が適用になります。ただし、お申込みから6ヵ月経過し、かつお申し込時より基準金利が1%超上昇した場合にお借入時点の金利が適用になります。
変動金利を選択された場合は、実際にお借入れいただく日の金利が適用となります。

Q

繰上返済の手続きはできますか?

A

繰上返済は可能です。繰上返済により、返済期間の短縮ができます。繰上返済の際は、お取引店の店頭窓口にてお手続きいただけます。また、インターネットバンキングでもお手続きいただけます。お手続きにはダイレクトバンキング(インターネットモバイルバンキング)へのお申込み(手数料無料)が必要です。

Q

住宅ローン控除について教えてください。

A

「住宅ローン控除(正式名称:住宅借入金等特別控除)」とは、居住者が住宅ローン等を利用して、マイホームの新築、取得又は増改築等をし、2019年6月30日までに自己の居住の用に供した場合で一定の要件を満たす場合において、その取得等に係る住宅ローン等の年末残高の合計額等を基として計算した金額を、居住の用に供した年分以後の各年分の所得税額から控除するものです。

Q

相談にはどのような資料が必要ですか?

A

以下の書類をご用意いただくと、より具体的なご提案ができます。(※ご不明な点はお問い合わせください。)

  • マイホームのご購入・新築・リフォーム
    • ご本人を確認できる書類
    • 所得証明書や源泉徴収票など年収のわかる書類
    • 販売図面(チラシ)、売買契約書、工事請負契約書、重要事項説明書、不動産登記簿謄本など物件の内容がわかる書類等
  • 住宅ローンのお借換え
    • ご本人を確認できる書類
    • 所得証明書や源泉徴収票など年収のわかる書類
    • 現在のローンのご返済予定表
Q

休日や平日の夕方に相談できますか?

A

平日の夕方や休日に個別の相談会を開催しています。店舗によって開催日・時間が異なりますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

また、「個人総合コンサルティングプラザ」では、平日は18時まで、土曜日・日曜日も営業しておりますのでぜひご利用下さい。

ご相談・お申込みはこちら

TOP