住宅ローン

諸費用について

住宅取得の際には、購入する物件費用の他に諸経費が必要となります。
住宅購入に必要な諸費用はどのくらいなのか、いつ用意するのか、一般的な例をご紹介いたします。
諸経費を把握して、しっかりとした資金計画を立てましょう。

一般的に諸費用とは、事務手数料・保証料・火災保険料・印紙代・登記費用・司法書士報酬等を言います。新築の場合は、購入価格の3~8%程度の諸費用が必要だと言われています。

おもな諸費用

項目 内容 支払時期
売買契約関連 仲介手数料 仲介会社を利用する場合の手数料 引渡し時
税金・登記費用 印紙税 売買契約書・ローン契約書等に必要な収入印紙代 売買・
ローン契約時
登録免許税 所有権保存や抵当権設定登記にかかる税金 登記時
登記手数料 司法書士への手続きのための報酬 登記時
不動産取得税 土地・建物を購入した際の地方税(軽減措置あり) 入居後
固定資産税 土地・建物を所有している人にかかる税金
売主・借主との協議で決定する
引渡し日
ローン・
保険関係
保証料 一括前払い、金利に上乗せ、無料など商品によって異なる ローン実行時
生命保険料 金利に含まれている場合は別払いの必要はありません。必要な場合は、ローン残高の0.3%程度、金利に上乗せなど商品によって異なります ローン実行時
融資手数料 金融機関へ支払う手数料 ローン実行時
火災保険料 火災に備えて建物にかける保険料で補償内容・期間・保険会社により変わります
【例】30年一括 建物2,000万円・家財1,000万円
ローン実行時
地震保険料 保険期間(最長5年まで)・地域による
【例】5年払い 建物・家財(熊本県)
ローン実行時
その他の費用 引越し関連 ごみ処分や電話移転費も含む 入居時
家具・カーテン・家電 入居時
雑費 近隣あいさつ、移転はがき、お祝い返しなど 入居時
  • 詳しくはお客さまの専用窓口となる支店、もしくはお取引の支店、個人総合コンサルティングプラザまでご相談ください。